競艇場までの道のり|平和島競艇場に初めて行ってみた|東京

ちょっと前に競馬場に行ったことがあるのだが、その周辺に競艇場もあったので競艇場にも行ってみよう!!ということで平和島競艇場に初めて行ってみた。この記事は、初めて平和島競艇場に行ってみようという人が少しでも不安なく行けるように書かれています。

平和島競艇場とは

東京都大田区平和島1-1-1に存在する水上でモーターボートを走らせて行なう合法のギャンブル施設である。所在地は下記を参照ください。

アクセス方法について

JR大森駅から無料のシャトルバスが運行されているのでそのバスに乗って平和島競艇場まで行きました。公式サイトの交通案内を見ると無料バスは

AM9:35~PM4:30

の間となっていましたが最終レース時間によるのかPM6:00に乗ったときでも無料になりました。最後までレースを見てから帰るときでも無料で帰れるようです。うれしい!もし無料バスを逃したらワンコインバスというのがあって100円で乗れるみたいです。

行きの乗り場は公式サイトの交通案内に載ってませんでしたが4番になります。4番、5番、6番と並んでいてJR大森駅の東口から出ると6番が手前になるので6番を探せばその奥に4番があります。私が行ったときはバスに乗ろうとしている人が5番、6番の方まで並んでいました。もしかしたら5番待ちしている列かなと思ったけど、とりあえず並んでたらみんな4番乗り待ちでひと安心。バスに乗ってから5分くらいで平和島競艇場に到着です。

入場方法について

バスで到着してからさあ入場だと思ったら、開門は10:50からとのこと。しかたないので、開門時間まで10分程待ってから入場です。

いよいよの開門後、他の人がスタスタと入場していくので今日は無料なのかなと思ってたら駅の改札機のようなものが行く手を阻んでいました。えー、入場券ないのだが。。と少し売り場を探したが見当たらず、注意深く改札機を見ると100円の投入口がありました。手元にちょうど100円あったので無事入場することができました。(たぶん100円しか受け付けないっぽいのでお札の人は近くの係員に両替してもらって100円玉を調達する必要があるかもです。)

公式サイトの入場料説明によると無料の日もあるようですが、今日は無料じゃなかったです。

レース場について

入場後、側にあった棚から新聞紙のような本日の出走表

新聞紙のような本日の出走表
【新聞紙のような本日の出走表】

を入手して左側に行くと直ぐにレース場が見えました。

レース場左側
【レース場左側】

レース場中央
【レース場中央】

レース場右側
【レース場右側】

最初は小さいなと感じだけど、全体を見渡せるので丁度良い大きさなんだなと思えます。

開場からレース開始までの時間について

開場からレース開始までは1時間程間がありましたが、その間は選手のみなさんが仲良く練習する時間になっていてボートの走りを楽しむことができました。

最初の方はみんなで並んで軽く流す感じでボートを走らせていて見ていて楽しそうです。

まだ、ゆっくり中
【まだ、ゆっくり中】

その後、みんなでスタート練習を行なって、

スタート練習
【スタート練習】

最後の方は一人ずつフルパワーで走って練習しているようです。

この記事でわかったこと

  • 平和島競艇場が東京都大田区に存在していてモーターボートによる合法のギャンブル施設であるとわかった。
  • アクセス方法についてわかった。
  • 入場方法についてわかった。
  • レース場についてわかった。
  • 開場からレース開始までの時間に何をやっているかわかった。

それでは、続きはまた別の記事で。

平和島競艇場
ボートレースの練習風景の動画紹介と舟券の購入について簡単に説明して、レース観戦を終えての感想を書いています。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク